“習うより慣れろ”100本ノックアプローチ

アルートレーニングメソッド

"習うより慣れろ" 100本ノック研修

"習うより慣れろ"100本ノックアプローチで繰り返し実践し、研修後の実務や職場での行動変容と定着化を図ります。

「100本ノック™」とは、研修中にたくさんの演習を経験することで、
参加者自身のできるところ、できないところを把握し、
学びやスキルを行動に変容し定着化を図るオリジナルアプローチです。

「100本ノック™」アプローチの特長

Point 1
必要性転換

研修冒頭で学ぶ内容が「頭ではわかっていても、やってみるとうまくいかない」という気づきを与えることで研修で学ぶ必要性を醸成します

Point 2
シンプルなラーニングポイント

1つの大原則を中心に要点を体系化し、「ポイントはこれなんだ!」というシンプルなラーニングポイントの設計

 

Point 3
たくさんの演習

100本ノック演習を繰り返し実践することで「こうすれば使いこなせる!」成功体験を積み、体に覚えさせ、行動を変容させる設計

組織全体にインパクトをもたらす研修の特徴とメリット

ポイント1

研修全体が体系化されており、個々の研修の位置づけが明確である

ポイント2

階層やポジションの期待役割と密接に結びついている

ポイント3

組織戦略、ヴィジョンと連動させ、継続的に取り組んでいる

メリット1
生産性の向上

期待役割を明確にすることにより、生産性が高まります。また、次のステップの期待役割が明確になることで、次に目指すべき姿を知ることができ、育成促進につながります。

メリット2
リテンション

キャリアイメージを持たせることで、動機付けや離職率の低減にも効果があります。

メリット3
継続的な人材育成

人材育成が場当たり的・俗人的ではなく、「仕組み化/体系化」され、継続的な人材育成が可能となります。次世代のマネジャー・リーダーを継続的に育成する仕組みができます。

[servicelist]

Leave a Reply

Your email address will not be published.